多汗症の治療というと手術のイメージが強いかもしれませんが、薬でも十分に改善可能です。 手術よりも費用がかからないということもあって、薬で治療を行っている人も少なくありません。 ただし、完治する訳ではなく、あくまでも症状の改善なので、使用を止めた場合は、また多汗症の症状が現われます。 多汗症の薬としてよく使用されているのは、以下の2つです。 ・プロパンテリン ・トフィソバム プロパンテリンは、交感神経を遮断して、多汗症の症状を抑えるという薬です。 トフィソバムは、自律神経の乱れを改善することによって、多汗症の症状を抑えることができるでしょう。 どちらも多汗症には高い効果を発揮するので、手術を受けるのに抵抗がある人は、薬での治療を行った方が良いかもしれません。 しかし、薬には何かしらの副作用が大なり小なりあるものですから、そのことを十分に理解した上で使用されてください。 そして、効果が薄いからといって、勝手に薬の量を増やしたりせずに医師の指示に必ず従うようにしましょう。